自己PRで悩まないためにすること

就職活動や転職活動と言えば、自己PRがつきものですよね。

履歴書にはだいたい自己PR用の欄がありますし、面接の際も必ずと言っていいほど聞かれます。ですが、この自己PRを苦手としている人は少なからずいると思います

。企業研究や筆記試験は大丈夫なのに、自己PRで上手く話せずだんまりなんてことになってはもったいないです。ですから、自己PRに対しての苦手意識や悩みがなくなれば幸いと思いいくつか案を紹介します。

自己PRで何を話せばいいのか悩んでいる人へ。そんなに悩まないでください。

自己PR、つまり自分のことを話せばいいだけです。自分の長所なんてわからないと思っている人、そういう人はきっと短所はたくさん思いついているのではないでしょうか。大丈夫です。

よく耳にすることだとは思いますが、長所と短所は背中合わせなものです。

短所もひっくり返せば長所ということです。内容から迷っている人は、短所でも何でもいいので自分に対して思うことを書き出してみてください。

例えばそこで短所がたくさん出てきたという人は、短所を無理やりにでも長所に変えてください。

普段は思っていないことでも構いません。嘘をつくわけではないです。なぜならあなたのその特徴は、あなたにとっては短所かもしれないけれど他者から見てどうかはわからないからです。

なので嘘ではありません。あくまで考え方を変えるだけです。そしてその長所になったものにエピソードを加えてください。

もちろん短所だったころのもので構いません。最終的なとらえ方が長所であれば、自己PRになります。

ただし失敗したことを成功と偽ったり、話を盛ったりすることはよくないと思います。ですから、過度な表現や空想じみた発想はやめましょう。

ここまではどこの企業でも変わらずやっていただけると思いますが、企業によってはありきたりすぎてダメな場合もあるかもしれません。

それは企業研究を重ねていく段階で判断できるとなおいいと思います。例えば、インパクトを求めていそうな企業ならエピソードの部分にストーリーっぽい表現を含め印象を強くするだとか、そういったことでいいと思います。

色々と深く考えて履歴書を作ってしまうと、面接のときに答えられなくなったり履歴書と異なったことを言ってしまう心配もあるので、やはりありのままがいいと思います。

個性はみんなそれぞれ違います。卑屈にならず、自分に自信を持って取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です