自己PRをするにあたって大切なこと

私は6年前に新卒で入社した会社を辞め、夢だった仕事に転職することができました。

その時私は人生をかけてチャレンジし、成功を手にしました。自己PRをするにあたって大切だと感じたことをその時に実践した内容を含めていくつかご紹介いたします。

まず1点目は「その会社への熱意をしっかりと伝えること」です。他にもその会社に入社したい人がたくさんいる中で、面接官に対して自分を採用すれば、その会社にどう得があるのかをしっかりとアピールしなければなりません。

会社側からすれば、別に自分を採用しなくても他に優れた人がいればその人を採用すればいいだけの話です。

今まで自分がしてきたいくつもの経験から、自分を最大限にアピールできるような内容を探し出し、小さなことでも大げさに表現するくらいの気持ちで思いっきり面接官に自分をアピールして下さい。

そしてその経験を踏まえて、なぜ自分がその会社に入社したいのか、なぜ他の会社ではなくその会社でないといけないのかということを自分の長所に絡めながら面接官にしっかりと伝えることができればこちらのものです!

そして2点目は「笑顔で第一印象良く、面接官の目をしっかりと見て話すこと」です。

面接を受けるにあたり、笑顔も第一印象も大切だということは言うまでもありません。しかし、これが出来ない人が意外と多いと思います。

顔立ちにもよると思いますが、自分でも笑っているつもりが笑えていないという人が多いように思います。

せっかく自分の良いところをしっかりとアピールしていても、怖い顔をして感じが悪ければ印象は全く良くありません。私は笑顔で第一印象を良くするために、毎日朝起きてから鏡の前で笑顔の練習をしました。

目元も大切ですが、口角を上げるということがとても大事です。口角を上げることを常に意識し、笑顔で第一印象を良くすることに取り組むと、かなり顔の印象が変わりました!

笑顔で第一印象を良くすることができても、面接官の目を見て話していなければ印象は良くありません。

誰しも目を見て話をしてくれない人に対しては、あまり印象が良くないと思います。

ですので、どれだけ緊張していたとしても、面接官の目をしっかりと見て話すことを意識してみて下さい。必ず自己PRをするにあたって、自分をプラスの印象に変えることができます!

この2点は、自己PRをするにあたって私が意識した大きなポイントです。これを意識することで、転職に成功したと実感しています。ぜひ皆さんも実践してみて下さい!

自己pr書き方.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です